いろいろニュース@人気ランキング TOP > プラセンタで腰痛・冷え性治療

プラセンタで腰痛・冷え性治療

美容の世界で最近注目が高まってきたプラセンタですが、不老長寿の薬や若返りの薬として、古くから高く評価されてきました。
それは、プラセンタの成長因子の働きによるものです。

この成長因子はアンチエイジングだけでなく、免疫力の向上や痛みを軽減させる効果があります。
体の内側からアンチエイジングを行うので、近年の研究では肩コリや腰痛にも効くことがわかっています。
プラセンタの痛みを軽減させる効果が、肩コリや腰痛をやわらげてくれるのです。

血流を促す作用がプラセンタにはあるので、腰や肩の血行がよくなります。
肩コリの原因が肩や周辺の血流の停滞によるものの場合、プラセンタで血流を改善していけば症状が解消されていきます。
プラセンタで血行を促進することは、腰痛や肩こりを回復させること以外に血のめぐりを改善して、冷え性対策にも役立つでしょう。
こちらも冷え性にはおすすめ⇒冷え性サプリ

プラセンタを用いる方法は複数種類ありますが、肩コリや腰痛の症状には注射が最適です。
注射による方法はプラセンタがスピーディに働きかけるので、すぐにでも辛い腰痛から解放されたい、肩コリで頭痛など別の症状まで引き起こしているという方などにお勧めします。

注射を打つ場所は、予防注射などで何度も経験している腕の内側ではありません。
肩コリや腰痛の、それぞれのツボに行います。
注射ならばプラセンタの持つ効能を辛い部位へダイレクトに与えることができ、しかもツボを注射針が刺激することで、二重の効果が期待できます。